脂肪と生活習慣 - ストレス
  • 左旋肉碱(L-カルニチン) 即効ダイエット薬
    左旋肉碱(L-カルニチン) 即効ダイエット薬

    左旋肉碱(L-カルニチン)は人体の脂肪代謝及びエネルギー再生に必要な栄養素であり、脂肪のエネルギー転化を促し、脂肪のみを消耗し、水分と筋肉を減らせず、食欲不振・下痢・無力感などの副...

    価格(税込) 1900円 1箱
    買います
  • 脂肪と生活習慣 - ストレス

    脂肪と生活習慣 - 運動

    脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動が大きな効果を発揮すると言われています。同じ運動でも、無酸素運動に比べると有酸素運動を行う方が良いようです。

    精神的なストレスは、今や様々な病気に結びついていると言われています。そして肥満もその一つになります。急性の強いストレスは食欲をなくさせる効果もありますが、慢性的なストレスは食欲を増進させるとも言われています。

    基本的に、人間の身体には体重を一定に保とうとする機能が備わっています。そのため自然に食欲の調整を行うことができるはずなのですが、慢性的なストレスが加わると過食傾向になってしまうと言われています。

    特に甘いものなどから摂取する糖分を摂ると、脳内に快感物質が出ると言われています。ストレス状態が続いていると、そのストレスを緩和させるために食欲が過剰になってしまうようです。

    過食の原因となりやすい慢性的なストレスとしては、特に社会人なら会社での責任や重圧など、学生なら受験などになります。さらに、職場や学校での人間関係も大きなストレスを与えることになります。そのほかにも、夫婦間や家族間、近所づきあいなどのトラブルなど、現代はストレスになりやすいことがたくさん存在しています。

    イライラすると何かを食べたい欲求にかられるという方や、たまにでもたくさん食べ過ぎてしまう方は注意した方が良いでしょう。肥満を解消させるためには食事と運動も重要ですが、自身の体調管理も重要になってきます。

    ストレスを解消させるためには、やはり適度な運動が手っ取り早いでしょう。ストレス解消に良いだけでなく、消費エネルギーを増やしてくれるため脂肪を取り除くことになります。その他にも様々なストレス解消法があるかと思いますので、自分なりの方法を見つけてみましょう。
    食事で体脂肪を減らす - 必要なエネルギー量とは

    健康的な食事というのは、どんなものをどれくらい食べればよいのでしょうか?もちろん一人ひとり体重や身長、年齢や性別、1日あたりの消費エネルギーがバラバラですので、一概に決めつけることは難しいです。