脂肪と生活習慣 - 食事
  • 紐斯葆濃縮藤黄果カプセル 即効ダイエット薬
    紐斯葆濃縮藤黄果カプセル 即効ダイエット薬

    紐斯葆濃縮藤黄果カプセル:脂肪の消耗を増大します:くわえた速効の燃える脂の成分HCAは迅速にアドレナリンをアクティブにして脂肪の消耗を増大することができて、燃える大量の脂肪を分解し...

    価格(税込) 1800円 1箱
    買います
  • 脂肪と生活習慣 - 食事

    脂肪と生活習慣 - 睡眠

    基本的な睡眠時間が6時間より少ない方は、レプチンというホルモンが少なくなっています。レプチンは脂肪細胞から分泌されているホルモンになり、脂肪細胞が増えるとレプチンが分泌され食欲を抑える働きを助けます。

    食事は、その方法によって肥満と密接に関係しています。好きなものを好きなだけ食べていると、高エネルギーなものを摂取することになって太りやすくなります。逆に栄養のバランスを考えてきちんとした食事を心がけていれば、摂取エネルギーを抑えることができて太りにくくなります。

    基本的に、栄養のバランスが取れた食事というのは、炭水化物4割、たんぱく質3割、脂肪3割と言われています。朝昼夜の3食に加えて、昼食と夕食の間の間食や夕食後の夜食を摂ったとしても、バランスが取れていれば空腹感を感じることなく効率的に痩せていくことができます。

    ただし脂肪燃焼をしたい方は、インシュリンという脂肪燃焼を抑える働きのある成分をできるだけ摂らないようにしましょう。インシュリンは糖質や炭水化物に多く含まれているため、代わりにたんぱく質や脂質を中心とした食生活を取ってみるのも良いでしょう。続けていくと体脂肪の分解が活発に行われるようになります。

    分解された体脂肪は、エネルギーとして日常の活動に使われたり尿などで体外に排出されることになります。しかし使用されなかった分は、再度体脂肪として蓄積されることになります。そのため体外に排出させるためにも、水分を十分に取ってトイレに何度も行くようにしましょう。

    この方法が成功して体脂肪が落ちてきたら、徐々に食事に糖質をくわえていきましょう。こうすることによってリバウンドを避けることができます。しかし、やはり食事制限のみのダイエットは効率が悪いため、運動と合わせて行うようにした方が良いかと思います。
    脂肪と生活習慣 - 運動

    脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動が大きな効果を発揮すると言われています。同じ運動でも、無酸素運動に比べると有酸素運動を行う方が良いようです。