脂肪と生活習慣 - 睡眠
  • 紐斯葆濃縮藤黃果カプセル 第2代 即効ダイエット薬
    紐斯葆濃縮藤黃果カプセル 第2代 即効ダイエット薬

    紐斯葆濃縮藤黃果カプセル 第2代◆ 速める脂肪は分解します:リンゴ酸は線粒体の脂肪が酵素の活性を分解することを促進することができて、迅速に腰、腹、臀部の積み上げる脂肪を分解して、ウ...

    価格(税込) 1900円 1箱
    買います
  • 脂肪と生活習慣 - 睡眠

    女性が太りやすいワケ

    女性の身体は、男性に比べるとどうしても脂肪が付きやすくなっています。脂肪の質などは変わらないのですが、女性の場合は子供を産み育てるという必要があるため、より多くの脂肪を蓄えなければならないのです。

    脂肪燃焼を促すと言われているコルチゾールと呼ばれるホルモンは、睡眠中に分泌されることになります。このコルチゾールは、特に夜中3時くらいから明け方にかけて多く分泌されると言われており、同時に成長ホルモンも分泌されています。成長ホルモンは細胞の代謝を促すことによって古い細胞を新しくしているため、こちらも脂肪燃焼には欠かせないホルモンになります。

    基本的な睡眠時間が6時間より少ない方は、レプチンというホルモンが少なくなっています。レプチンは脂肪細胞から分泌されているホルモンになり、脂肪細胞が増えるとレプチンが分泌され食欲を抑える働きを助けます。このレプチンが少ないと食欲をうまく制御できなくなってしまい、たくさんのものを食べてしまうことになるのです。

    睡眠時間が長ければ痩せるということはないのですが、ノンレム睡眠の状態が多ければ成長ホルモンが分泌されて細胞の新陳代謝が促されることになります。睡眠の質が高ければ結果的に脂肪燃焼にもつながりますので、ホルモンが分泌されやすい夜中の3時までには眠りにつくようにしましょう。

    夜遅くまで起きていると、夕食から時間が経っているためつい夜食をとってしまいがちです。夜間に食事をすると脂肪になることが多いため、早く寝ることは摂取エネルギーを減らすことにもつながります。食べてすぐ寝るのもあまりお勧めできませんので、夕食は早めにとって、3~4時間後までには眠りにつくようにするとよいでしょう。
    脂肪と生活習慣 - 食事

    分解された体脂肪は、エネルギーとして日常の活動に使われたり尿などで体外に排出されることになります。しかし使用されなかった分は、再度体脂肪として蓄積されることになります。