女性が太りやすいワケ
  • 修身堂神奇修身減肥コーヒー 即効ダイエット薬
    修身堂神奇修身減肥コーヒー 即効ダイエット薬

    修身堂神奇修身減肥コーヒーは単純さ性の太った者の外で対応して、いっそう頑固さ型に適用して繰り返しダイエットする無効な者に太っていますおよび。...

    価格(税込) 3500円 1箱
    買います
  • 女性が太りやすいワケ

    体脂肪が減らないワケ

    食事を制限していたとしても、なかなか体重が減らなかったり体脂肪が落ちなかったりということがあります。これは人間の身体の環境適応能力という優れた能力のため、身体が少ないエネルギーでも生活できるように変化してしまったためです。

    女性の身体は、男性に比べるとどうしても脂肪が付きやすくなっています。脂肪の質などは変わらないのですが、女性の場合は子供を産み育てるという必要があるため、より多くの脂肪を蓄えなければならないのです。

    子供を産む際の飢餓に備えるために、女性の身体は全体が丸みを帯びています。これは身体が皮下脂肪を蓄えてるのであり、子を身ごもった際には胎児を保護したりするために必要になってきます。

    女性ホルモンは体内で様々な働きをするのですが、その働きの一つとして脂肪を作るというものがあります。男性と比べると女性の体脂肪率は10%ほど多いのですが、これは女性ホルモンの働きだと言われています。

    特に小学校高学年頃の思春期になると、女性は内分泌腺の活動が盛んになります。女性ホルモンの分泌が多くなるため、体重が急激に増えて皮下脂肪が付きやすくなります。この時期を迎えて体つきが女性らしくなり、初潮を迎えることになります。

    この時期はダイエットに関心を持つ時期でもあるため、女らしくなったことを太ったと勘違いして無理に痩せようとしてしまいます。ひどい方は拒食症になったり、逆に過食症になってしまうこともありますので注意しなければなりません。

    また、妊娠中も無意識に食べる量が増えていきます。しかし妊婦さんは基本的に運動量が少ないため、妊娠中は太りやすいのです。出産を終えたとしても授乳期にさらに太ることもあります。多少の肥満は健康的で良いですが、出産後はその後の健康のことも考え徐々に痩せていく努力をしてみましょう。
    脂肪と生活習慣 - 睡眠

    基本的な睡眠時間が6時間より少ない方は、レプチンというホルモンが少なくなっています。レプチンは脂肪細胞から分泌されているホルモンになり、脂肪細胞が増えるとレプチンが分泌され食欲を抑える働きを助けます。