脂肪とは-体脂肪率
  • 超級脂肪燃焼弾 第4代 即効ダイエット薬
    超級脂肪燃焼弾 第4代 即効ダイエット薬

    超級脂肪燃焼弾 第4代(NEWスーパーファットバーニング)即効ダイエット薬は世に様々なダイエット食品、サプリメント等があり、星の数程のキャッチコピー、販売文句が有りますが、どんな方...

    価格(税込) 1900円 1箱
    買います
  • 脂肪とは-体脂肪率

    脂肪とは-中性脂肪

    しかし中性脂肪を溜め込むことによって、血液がドロドロになったり肥満になったりしてしまいます。中性脂肪は、適度な蓄積でしたら身体のエネルギーとして使われるため問題ないのですが、使われないまま増え続けるとその過剰分が皮下脂肪や血液に蓄積されることになるのです。

    体脂肪率というのは、体重に対しての脂肪の割合のことです。体重が50キロの方の脂肪が15キロだった場合の体脂肪率は30%、脂肪が10キロだった場合の体脂肪率は20%ということになります。脂肪率は、体脂肪計などで測定することが可能です。時間帯によって体脂肪率が変わることもありますので、毎日決まった時間に測定するようにしましょう。

    体脂肪率の目安を簡単に説明すると、30歳未満の男性の方の標準値が14%~20%くらいになります。30歳を超えた男性の方は17%~23%くらいが標準値となっています。逆に体脂肪率が25%を超えてしまう場合は肥満と判断されます。

    それに対して、女性の方は男性よりも体脂肪率が高くなります。30歳未満の女性の方の標準値は17%~24%となります。30歳を超えた女性の方は20%~27%となっています。肥満と判断されるのは、体脂肪率が30%を超える方です。

    ご存じのとおり、体脂肪率が高いと様々な病気を引き起こす原因となります。しかし反対に、体脂肪率が低すぎる場合も身体に異常が出てくる場合があります。体脂肪率が、男性の場合は5%未満、女性の場合は15%未満の場合は風邪や感染症にかかりやすくなったり、女性は生理不順を起こしたりすることもありますので気を付けましょう。

    普段から運動をしている方としていない方とでは、身長や体重が同じくらいであったとしても体脂肪の比率が変わってきます。健康的なダイエットをしたい方は、見た目の肥満だけにとらわれるのではなく体脂肪のチェックも怠らないようにしましょう。

    脂肪とは-セルライト

    冷え症の方や身体がむくみやすい方などは、セルライトができやすいと言われています。外見的にはどちらかというと痩せて見えるような女性でも、多くの方がセルライトを持っているという傾向にあります