脂肪とは-内臓脂肪
  • 紐斯葆OB蛋白痩身素 即効ダイエット薬
    紐斯葆OB蛋白痩身素 即効ダイエット薬

    紐斯葆OB蛋白痩身素は迅速に人体の脂肪の交替を加速して燃えて大量に熱量を使うことができて、同時に食品の中で脂肪の吸収に対して腸を阻止して、ATP活性を高めます。大量に炭水化物を分解...

    価格(税込) 1900円 1箱
    買います
  • 脂肪とは-内臓脂肪

    脂肪とは-皮下脂肪

    男性よりも女性に付きやすいと言われている脂肪ですが、皮膚のすぐ下にあるため一度たまってしまうと落ちにくいという欠点があります。備蓄エネルギー用の脂肪になりますので、燃焼しにくいのです。

    内臓脂肪とは、内臓の周りに付く脂肪のことを言います。この脂肪はたまりやすいのですが、落ちやすいというメリットもあります。男性、女性共につきやすい脂肪で、歳を重ねるごとに付きやすくなってきます。

    内臓脂肪がたまって肥満になると、高脂血症や高血圧、糖尿病などを発症させやすくなってしまい動脈硬化などの原因となります。メタボリックシンドロームという内臓脂肪型肥満の状態を呼ぶ症状が、これらの病気を引き起こしやすい状態になります。

    内臓脂肪は身体の内部に付く脂肪になりますので、外見からはわかりづらいものになります。どれくらいの脂肪がついているのかを正確に確認するには、CTスキャンなどを用いて断面映像をチェックすることになります。また、体脂肪計などには内臓脂肪が多いか少ないかのチェックができるものもあります。

    内臓脂肪がついていたとしても、外見的には痩せているという方もいらっしゃいます。自分は大丈夫だと思っていても、体脂肪率を測定すると値が高いということもあります。そういった方のことを隠れ肥満とも呼んでいます。

    内臓脂肪は筋肉を動かす際などのエネルギー源として利用されていますので、基本的には代謝が活発なものになります。そのため、運動や食事制限をすることによって簡単に落とすことができる脂肪でもあるのです。

    体脂肪計などで測定して脂肪率が高い方は、もう一度生活習慣を見直してみましょう。できれば運動を定期的に続けて、食事も身体に良いものを摂るようにしましょう。
    脂肪とは-中性脂肪

    しかし中性脂肪を溜め込むことによって、血液がドロドロになったり肥満になったりしてしまいます。中性脂肪は、適度な蓄積でしたら身体のエネルギーとして使われるため問題ないのですが、使われないまま増え続けるとその過剰分が皮下脂肪や血液に蓄積されることになるのです。