筋トレはやせにくくなる?
  • 左旋肉碱(L-カルニチン) 即効ダイエット薬
    左旋肉碱(L-カルニチン) 即効ダイエット薬

    左旋肉碱(L-カルニチン)は人体の脂肪代謝及びエネルギー再生に必要な栄養素であり、脂肪のエネルギー転化を促し、脂肪のみを消耗し、水分と筋肉を減らせず、食欲不振・下痢・無力感などの副...

    価格(税込) 1900円 1箱
    買います
  • 筋トレはやせにくくなる?

    体重の量り方と意味

    体重計に乗らなければダイエットが成功したのか、失敗したのかさえわかりません。でも、気が向いたときだけ量ったり、たくさん食べてしまったあとは怖くて量らなかったり。量る時間帯もバラバラ。そんな量り方では、あまり意味がありません。

     ダイエットのために筋トレして筋肉をつけると、
    太りにくくなるけど、やせにくくもなっちゃうって本当ですか?

    こういう話はたまに聞きます。筋肉をつけると、太ることもあんまりなくなるけど、やせるのも難しくなる。

    結論からいって、ダイエットのために筋トレをして筋肉をつけたからといって、やせにくくなるということはありません。それどころか、正しく健康的にダイエットするために、筋肉をつけることは絶対に欠かせません。
    筋肉は脂肪より重い

    じゃあなぜ、筋トレをするとやせにくくなるといわれてるんでしょうか。それは、筋肉が重いからです。筋肉の比重は約1.1といわれています。それと比べて、脂肪の比重は0.9です。つまり、筋肉は脂肪の約1.2倍の重さがあるということです。

    たとえばダイエットをして脂肪が落ちて、それと同じ分だけ筋肉が増えたとしたら、体重計の数字自体は増えるということになります。
    そんなに筋肉増える?

    でもちょっと待ってください。ダイエットをして減った脂肪と、同じ量の筋肉を増やすには、それなりのハードな筋トレをしなくてはいけません。
    筋トレ

    私たちがダイエットのためにやる筋トレ、エクササイズは、1日に腹筋を30回だったり、ダンベル体操を30回だったり、ハードというほどのものじゃありません。

    これらのダイエットのための筋トレは、食事制限をしても筋肉は落ちないように維持したり、もしくは少し増やしたりする程度のもので、ボディービルダーがコンテストに出るためにする筋トレとはレベルが違います。

    つまり、ガタイのいいマッチョマンになることもなければ、筋トレしたことが原因で体重がまったく減らなくなるということもまずありません。
    リバウンドしないために必要不可欠!

    もちろん最初に言った通り、筋肉は重いですから、食事制限だけのダイエットをしてた人が、筋トレを始めたことによって、体重の減り方が以前より少なくなることはあります。

    だからといって、筋トレをしないで食事制限メインのダイエットを続けたらどうなるでしょうか。脂肪も落ちますがいっしょに筋肉もどんどん落ちていきます。

    そうなると基礎代謝量(=何もしないでも消費されるカロリー)が落ちて、いつもより少し食べただけで体重が増えるような、いわゆる「太りやすくやせにくい体」になっちゃいます。こうなっちゃうとリバウンドする可能性はものすごく高くなります。

    逆に、筋トレをして筋肉をちゃんと維持していれば、その時の体重の減りが鈍っても、基礎代謝量が落ちることなく、むしろ増えていき、結果「太りにくくやせやすい体」になって、リバウンドを避けることができます。ダイエットをしてやせた体型を維持するためにも、筋トレは絶対に必要なんです。
    「やつれる」ではなく「やせる」ために

    それに、体重計の数字だけが大事じゃありません。体重が多少多くても、筋肉があった方が、引き締まっていて健康的な美しいスタイルになるでしょう。

    私はスタイルがいいかはわかりませんが、毎日軽めの筋トレをしてるので、見た目よりは体重があるとよくいわれます。たぶん筋肉がついてるんだと思います。

    自分の体重をボードに書いて、首から下げて歩くわけではありません。もちろん体重はひとつの基準ですが、見た目と中身の健康さや美しさも大事な基準です。

    筋肉がついているせいで体重があることを、ピンキー的正しいダイエットでは「太っている」とはいいません。逆に体重が減っても筋肉もいっしょにおちてる状態を「やせる」とはいいません。それは「やつれる」というんです。

    筋トレをして筋肉をつける、維持するのは、ダイエットの基礎作りだと思ってください。すぐにいい効果が出なくても、長い目で見れば絶対に絶対に絶対にやっててよかった思う結果が得られます。

    筋トレで基礎代謝量を増やして「やせやすい体」を作りながら、食事制限と有酸素運動で脂肪を落としていく。これがピンキー的正しいダイエットです。
    簡単ダイエット方法で、肩こり、浮腫み解消!!

    朝から夕方まで、缶詰状態の勉強だったけど、お昼以外は食べることもなく暴飲暴食はできないので、よかったですよ~。ダイエットするなら、何かに夢中になってするのもいいですよねー。