[唯美OB蛋白痩身素] インスリンの作用と内臓型肥満
  • 唯美OB蛋白痩身素 第4代 即効ダイエット薬
    唯美OB蛋白痩身素 第4代 即効ダイエット薬

    [唯美OB蛋白痩身素 第4代効果効能]主に腹、頸、太もも等の頑固な脂肪を減らす。月5~10kgの脂肪を減らす可能(人により差がある!)三ヶ月つづけて飲むことがお勧めします!...

    価格(税込) 1700円 1箱
    買います
  • [唯美OB蛋白痩身素] インスリンの作用と内臓型肥満

    インスリンの作用は主に肝臓・脂肪・骨格筋で血液からの糖の吸収を促し、エネルギーとして利用させることですが、インスリン抵抗性とはこれらの組織でインスリンの効きが鈍くなっている状態を言います。

    そもそも日本人は体質的にインスリンの分泌が欧米人の半分程度と少なく、脂肪の少ない和食中心の時代にはインスリン抵抗性を引きおこす肥満にはなりずらかったのですが、最近の欧米型の運動不足や高脂肪食などにより肥満の人が増え、インスリン分泌能が低いためにインスリン抵抗性を生じやすく糖尿病を発症する人が年々増加の傾向にあります。

    内臓脂肪(腸間膜脂肪)は皮下脂肪に比べて代謝が活発であり、したがって内臓脂肪型肥満では脂肪組織は中性脂肪を多く貯蔵した大型脂肪細胞で占められ、脂肪の分解や合成などが活発となり、代謝産物の脂肪酸(FFA)が多量に放出され、門脈から肝臓に入り、脂肪合成が盛んになり高脂血症を発症し易くなります。また多量の脂肪酸(FFA)は糖代謝にも悪影響を及ぼしインスリン抵抗性を招くとされています。

    近年、脂肪細胞は単なるエネルギーの貯蔵臓器としてだけではなく、代表される動脈硬化の悪玉および善玉因子となる生理活性物質(アディポサイトカイン)も産生する内分泌器官として注目されています。肥満、特に内蔵型肥満になると善玉のアディポネクチンが減少し、悪玉のTNF-αが増えてインスリン抵抗性が高まるとされています。

    唯美OB蛋白痩身素 ダイエット体験  即効ダイエット薬


    肥満の三つの分類 [唯美OB蛋白痩身素]

    日本循環器学会の虚血性心疾患の一次予防ガイドラインによるとBMIが25以上でウェスト周囲径が女性では90cm以上、男性では85cm以上では内臓型肥満の可能性が高いとされ、生活習慣の修正が必要です。